■押入れの収納法

インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター、整理収納アドバイザーがスタイリッシュ空間づくりをお手伝い。


押入れは、上段(天袋)/中段/下段 に分かれています。

基本的には、 上段(天袋) ・・・ 一年に1〜2回位しか使わないモノ

          中段      ・・・ 毎日使うモノ

          下段      ・・・ 手前=毎日使うモノ  奥=オフシーズン・モノ
    と考えてくださいね。

それでは早速、上段からポイントをおさえていきましょう。



【 上段(天袋) 】

   ここは、一番出し入れが大変な場所です。

   一年を通して殆ど使う事がないモノを入れましょう。 (除湿剤をお忘れなく)

 @蓋式タイプ(取っ手付き)の収納がオススメ

   フタの無いかごや、持ちにくい袋は危険なので避けた方が良いでしょう。(傾いても中身が出ないような箱タイプが無難です。)

   取り出しやすいような‘取っ手付きの箱’を選んだり、自作の取っ手を付けたりなど工夫してみましょう。

ケースの下側に指が掛けられます。便利♪ 中身もよく見えるし、積み重ねもOK。 通気性と耐久性を備えた実用的なケースです。 ソフトな生地で優しく収納できますよ。 真空パックと袋がセットに。収まりがGood。




【 中段 】

   押入れの中で一番使いやすい場所が中段です。

   下段との大きな違いは、奥の部分にも充分手が届きやすい、という点ですね。

   普段から手前だけでなく奥のスペースもフルに使いこなせる空間をめざしましょう。

   
 @服を収納する場合には。。。

   キレイを保つコツは、‘無理せずに服が掛けられる状態にしておくコト’です。

   無理なくササッと掛けられれば、キレイ空間が長続き&定着しますよ。

   専用のラックを使ってもいいですし、‘つっぱり棒’を使って自由自在にアレンジするのも楽しいですよ。

奥はバッグや帽子置き場として。。 ハンガーが手前にスライドするタイプ。 大容量&スライドタイプで使いやすいです。 定番のつっぱり棒。 側面も有効に活用しましょう。


 A布団を入れる場合には。。。

   布団も衣類同様、詰め込みすぎると出し入れが大変なだけでなく、カビや湿気、ニオイの原因にもなってしまいます。

   通気性をしっかり確保しながら、ゆとりを持って収納しましょう。

引き出しがスライドします。 布団の通気性もOK。 寝具関連の収納に便利。大容量です。 すのこ付きで湿気対策バッチリ。 丸めて収納パターン。




【 下段 】

 @‘奥’と‘手前’を別々の空間として考えましょう

   奥行きの浅い収納ケースを奥と手前に並べて配置します。 

   奥の方は出し入れがしにくいので、オフシーズンモノや滅多に使わないモノを入れます。

   そうすれば手前の部分だけで、日常の出し入れが全てできるようになりますよね。

これは定番ですね。 並べても重ねてもOK。 コレが一番ラクかも♪ なんと両面引き出し! 衣替えの時は、チェストごと入れ替えるだけ。


 A‘奥行目一杯’の収納家具も使いやすくてGOOD。

   これは説明するよりも、商品を見ていただいた方が早いですね。。^^;

   驚くほど便利なモノがドンドン出てきてますよ。

衣類が少ないご家庭向け。 アルバム保管に最適。 薬箱、アイロンなどに。 掃除機が入るならGOOD! こんなカタチもありかな?


TOPへ戻る
CopyRight (C) All rights reserved by TEKI-style